特商法により定められている電話勧誘販売や訪問販売をはじめ、訪問購入に業務提供誘引販売取引、ほかにも特定継続的役務提供や連鎖販売取引の取引方法があります。

これらは往々にして消費者と販売側に誤解が生じトラブルに発展することの多々あるため、特殊法で消費者は守られることになりますが、万が一申し込みをやめたいとなった時にも守ってくれるはこの法律るです。

強引な勧誘や売り付けに断れずに消費者が申し込んだとしても、冷静になって考えたら間違いだったとわかったとしても、解約をすることができないまま泣き寝入りではお金を支払った側としてはかないません。しかし契約を交わしたとしても一定期間を経過していないのであれば、契約を白紙に戻す解約を行ったり、書面等で申し込んだとしてもなかったことにする事は可能です。

まさに迷える消費者の救世主ともなるのがクーリング・オフの制度、契約をやめたいと思ったらすぐに行動に移すことができます。
お金を支払う取引で誤って判断をするのは、大方不意打ち性がかなり高めの取引であると相場は決まっていますし、判断を早急に迫られると人間は正しく感会えて答えを出すことができません。

しかしいったんサインをしたとしてもお金の支払いをしてしまっても、冷静に考えられる時間を消費者は持つことができます。数週間や数ヵ月ではなくほんのわずかな期間ではありますが、いつも通りの正しい判断ができるようになっての解約は正しい答えです。

店頭での実物を眺めて自分でじっくりと見て確認して購入のできる店頭販売だとか、不意打ちでの買物となりにくい通信販売などの場合だと、契約をしたとしても、これに関してクーリング・オフの制度はありません。
売る側と購入をする側の両者による合意があってこそ成り立つのが取引、それが無いことには契約自体成り立つことはないです。

ところが業者側の意思などは特に関係することなく、消費者の希望によりクーリング・オフの規定により契約を白紙にすることができます。
どこまでも消費者を守り抜くためにあるのがクーリング・オフ制度であり、とても強い力を持つ規定です。

こうしたシステムがあるのを売る側は理解していますし、それを妨げようとする行為は言語道断、絶対に消費者に対して嘘を伝えたり威圧させることで困惑させ、契約させたり購入を促すようなことをしてはなりません。
おかげで安心して買い物をしたりサービスをの利用を契約できるのが消費者側、純粋に本当に必要な購入と契約をすることができます。